育毛剤 有効成分

育毛剤の有効成分について知っておきたいこと

育毛剤には様々な成分が含まれているものがあります。優れた育毛成分もたくさんありますが、中には効果のほどに疑問符がつくようなものもあります。また、効果があるとされた育毛成分の中でもどの成分がより効果を発揮するのでしょうか。

 

人によって個人差はあると思いますが、育毛専門のクリニックでは育毛に有効だと考えられている成分はほとんど二つに絞られています。それが、ミノキシジルとフィナステリドという成分になります。ミノキシジルはもともとは高血圧の人の薬として開発された薬になります。

 

ミノキシジルとは?

ミノキシジルを投与した患者に副作用として体毛が濃くなるなどの症状が現れるという結果が発生したため、その結果を踏まえて育毛剤に転用されたという薬になります。このミノキシジルは非常に優れた育毛実績を持っている育毛成分になります。

 

どのくらいの期間で髪が生えてくるかというのには個人差がありますが、育毛専門クリニックのデータによると半年から1年間、ミノキシジルの投薬治療を続けた場合には何かしらの育毛効果は見られるとされています。そして、ミノキシジルには非常に多くの育毛実績もしっかりと報告されており、現在最も発毛効果が期待できる育毛成分であるという事ができるでしょう。

 

フィナステリドとは?

また、ミノキシジルと同様に育毛専門のクリニックでほとんど決まって処方されている育毛剤があります。それがフィナステリドという薬になります。もともと男性が薄毛になる原因の90パーセント以上は男性ホルモンの働きによって、毛髪関係の細胞の働きが悪くなるAGAという症状によるものであると考えられています。

 

この男性ホルモンの働きで毛髪関係の細胞の働きが悪くなった結果、健康な髪の毛と比較すると非常に細くて短い髪の毛が生えてくるようになります。そして、この髪の毛は短くて細いため、健康な髪の毛よりももろく非常に短期間で抜けてしまいます。このような髪の毛が短く細くなってしまう現象を「細毛化」といいます。

 

このような細毛化が進む事により、抜け毛の量がどんどん増えていき、結果として生えてくる髪の毛の量を抜け毛の量が上回った結果、薄毛・抜け毛の症状が発生すると考えられています。このような髪の毛の細毛化を抑えるためには、男性ホルモンの働きを抑制する必要があります。
この男性ホルモンの働きを抑える効果がある薬としてフィナステリドというものが非常に高い評価を受けています。

 

本当に効果がある育毛剤の有効成分を考える時に、このミノキシジルとフィナステリドは効果のある育毛剤であると評価する事が出来ると考えられます。

 

効果はあるけど副作用の発症率は高い

そんな2つですが、頭皮のかゆみや湿疹等で悩む人も多いのも事実です。副作用が嫌な人にとっては、ミノキシジルと同等成分の育毛成分配合の育毛剤をおすすめします。医薬部外品ですが、体に非常に優しい成分のため体に気をつかう人に支持されています。