育毛剤 育毛トニック 違い

 

一般に育毛剤と育毛トニックは同じもののように考えられてしまいがちです。

 

実際のところ、それぞれには転地の差異が存在しています。

 

効き目を重視するなら育毛剤の方を使用しよう

それは育毛剤が医薬品であるのに対して、育毛トニックはそのほとんどが医薬部外品に分類されているということです。薬事法によれば、医薬品と医薬部外品の差は影響力の強弱にあるとされています。

 

医薬部外品が人体に対する影響や作用が緩和なもの、一方の医薬品は、人間の身体の機能に影響を及ぼすことを主眼としたものとして明確に別種類にカテゴリ分けされているのです。人体への影響云々を目にすると何だか物々しい感じもしますが、要は医薬部外品はそもそも効き目が薄く、良くも悪くも効果が目立って出てこないものであり、医薬品はその目的からも分かる通り、使用すればしっかりと効き目が現れるものであるということになります。

 

つまり、育毛トニックは医薬部外品ですから、身体に対して成分的には優しいものの効き目が薄く、育毛剤は医薬品としてしっかりとした強い効き目を有しているというわけです。そうすると育毛トニックには薄毛改善にあまりメリットがないようにも感じますが、副作用の発生という点においては、ほぼそれを心配する必要がないという強みが存在することになります。

 

また、医薬部外品ですから値段的にも手頃なものが多く、気軽に入手して長期間に渡って使えるという点も魅力的ではないでしょうか。しかし、そもそも抜け毛を防ぐことを主眼とした頭皮環境の改善が育毛トニックの領分でもありますので、髪の毛自体を生えさせるという効果は明らかに医薬品である育毛剤の方に軍配が上がります。

 

薄毛で悩む人には育毛剤がいい理由とは?

育毛剤は含有成分によって如実に発毛を促進することが可能であり、薬品としてのその形状も様々です。たとえば錠剤タイプの飲むものや、頭皮に塗るタイプの育毛剤などが一般的には広く知られています。しかしながら、これらは先程から何度も述べている通り医薬品ですから、気軽にコンビニなどで買えるというものではありません。

 

入手の前提としてきちんとした医師の処方箋が必要であり、場合によっては海外からの輸入という手段などを検討しなければいけないことさえあります。とはいえ、確実に頭皮や発毛という身体のメカニズムに影響を及ぼすことが出来る医薬品である育毛剤は、頭皮環境を整えて育毛のサポートを行う育毛トニックとは異なり、直接的に髪の毛を生えさせて育むという効き目が認められていますから、薄毛改善に確実性を求めるのであれば、医師の診断を仰いだ上でその指導のもと育毛剤を使用してみてください。

 

ただし、頭皮が炎症を起こすなど異常を感じた際はすぐに使用を中止し、独断ではなく専門医に副作用に対するその後の対応を相談するように心がけましょう。適切に使用さえすれば、育毛剤の作用によって必ず頭皮の細胞が活性化され、やがての発毛へと繋がります。