育毛剤 発毛剤 違い

育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いと選び方とは?

 

インターネットや雑誌で薄毛治療、対策用品としてシャンプーやリキッド、経口薬など、現在では実に多くのものの広告を目にします。もちろん、それらの商品には薄毛に対する効能が謳われており、成分も表示されていますが、実際に医療関係者でもない限り、成分表示を見ただけでは本当の効果は計り知れません。

 

しかし、厚生労働省の認可、また薬事法である程度の規制は行われ、法的な分類方法を知ることで、おおよその効果と副作用などの危険性を知ることができるのです。単位デザインや価格だけを頼りに購入するのは危険ですし、自分の症状に合ったものを探し出す目安にはなりません。

 

まずは、薄毛ケアとして売られている「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」の違いを知ることから始めましょう。

 

発毛剤

発毛剤とは、頭髪そのものを作り出す毛母細胞と、その付近の発毛機能に作用し、完全に脱毛された毛髪を蘇らせる効果が期待できるもの。いわば薄毛やハゲに対しての「治療薬」という位置づけです。主成分に医科学的に根拠が証明された主成分が配合され、医師、または薬剤師の許可のもと販売されます。

 

日本では有効成分「ミノキシジル」が配合された、大正製薬の「リアップ」。「フィナステリド」が配合されたMSDの「プロペシア」のみが発毛剤として表記できる製品になります。

 

育毛剤

 

発毛剤が抜け落ちた髪を蘇らせる効果に対し、「育毛剤」は現在残っている頭髪の維持・生育、抜け毛の予防を目的としています。育毛剤にはさまざまな成分が使用されており、コンセプトも多岐にわたります。「M-034」「バイオポリリン酸」「セファランチン」「センブリエキス」など、その他多くの有効成分が存在します。

 

薬事法の下では「医薬部外品」に相当し、有効成分の中には配合量の規定が定められているものもあります。発毛剤の「医薬品」育毛剤の「医薬部外品」は表示義務があるため、成分表示を見ることで確認することができます。

 

養毛剤

 

養毛剤は効き目も穏やかで副作用の心配も少ないことから、「化粧品」として分類され、薬事法での表示義務などはありません。脱毛を抑えて毛髪の保護が目的で、個体差を出すために頭皮の保護成分が多く使われている傾向があります。

 

天然成分、生薬が配合されたものも多く、優れた製品の中には薄毛の症状を大きく改善してしまうものもあるため、薬事法の分類では最下位に位置しますが、決して効果を期待できないものでもありません。

 

 

薄毛の原因は多くあり、薬効が強くても原因と合致しないと効果がないので一概には言えませんが、おおまかに言うと、養毛剤→育毛剤→発毛剤の順に高い効果が期待できると考えて良いでしょう。

 

これらの分類方法を熟知し、自分の薄毛の原因や使用目的を合わせて考え、どの成分を配合されているものを選ぶかの目安にすると良いでしょう。