子供 ハゲ イジメ

「うちの息子の髪の毛がハゲてきてしまった・・・これじゃ子供がいじめられてしまうんじゃないか」

 

このように不安に思っている方も多いことでしょう。髪の毛が薄くなったりハゲたりするのは、大人だけの症状ではありません。

 

子供でもはげてしまう人はいます。それでは子供がハゲてしまったら、どういう対応を取ったらいいのでしょうか。親としても理解しておく必要があります。

1) 子供でもハゲる

ハゲは大人の症状だと思っていませんか。子供でも髪の毛が薄くなってしまう人がいます。中学生くらいでも髪の毛が薄くなってくると子もいます。遺伝的な問題で、髪の毛が薄くなってしまう人もいます。

 

最近ではシャンプーの品質が下がっていて、食生活が悪い子供も多いです。野菜はあまり食べず、コンビニ弁当やジャンクフードばかり食べていたら、どうなるでしょう。もちろん健康にも悪く、体の末端である髪の毛に影響が出ない、ということは絶対にありません。

 

その他にも学習塾や受験勉強など、過剰なストレスを抱え込んでいる子供もどんどん増えています。肉体的にも精神的にも、疲れ切った子供は、髪の毛が少なくなってしまうという症状も出てきます。

 

2) いじめの対象になる

子供というものは残酷な生き物です。太っている子供には「デブ」と言ったり、目の悪い子供には「メガネザル」などと言っていじめるのが普通です。もちろん髪の毛が薄くなったら「ハゲ」といじめられてしまうこともあります。子供は正直で何でも言ってしまいますし、他人の気持ちを理解できない子供が増えています。髪の毛が薄くなってしまって、いじめの対象になることもなかなか避けられないことでしょう。

 

3) 親のできる対策

どうして子供が増えてしまったのか、原因を突き止めなければいけません。受験勉強ばかりしてストレスがたまったり、親のプレッシャーを感じる子も多いです。このような場合には、無理な勉強をやめさせたりすることも必要です。

 

食生活が偏っている場合には、バランスのとれた食事をしていくことも必要です。こればかりはお金で解決できるものでもなく、手間ひまをかけて栄養分が豊富な、バランスのいい食事を作らなければいけません。子供に限らず、髪の毛が薄くなってきた大人全般にも言えることです。

 

子供の髪の毛が少なくなってきて、いじめられてしまうこともある意味仕方のないことです。子供にとってはいじめられてしまうのは一大事。人生が大きく変わることさえあります。親としてできることといったら、あまりにプレッシャーをかけないことや、普段の食生活をバランスのいいものに修正する、などの方法があります。

 

どうして子供の髪の毛が薄くなってしまったんだろうか、と原因を突き止めることで、子供がいじめられる危険性を減らすことができます。