育毛剤 損

めんどくさい!育毛剤の先延ばしは損するってウソ・ホント?

 

育毛剤の使用を先延ばしにすると損する場合があることはご存知ですか?育毛剤を使い始める時期として多いのは、薄毛が気になり出してからが多いようです。

 

先延ばしにしているうちに手遅れになる恐れがあります。植物がいくら荒れ地に水や肥料をやってもなかなか芽を出さないように、薄毛になってから育毛剤を使っても髪を増やすことは容易ではありません。

 

育毛剤の使用が遅れた場合の主なリスクには3つあります。

 

1)抜け毛が増えるリスク

 

日々のヘアケアで薄毛を助長する場合があることをご存知ですか?実は薄毛の原因の一つに、頭皮環境の悪化があります。頭皮が脂っぽいからと毎日朝夕2度も髪を洗ったり洗浄力の強いシャンプーで洗っていると、かえって皮脂の過剰分泌を招き抜け毛につながります。

 

頭皮を清潔に保ち、皮脂バランスを整えて乾燥を防ぎ、血流を促すことが抜け毛予防の要です。育毛剤には発毛促進タイプだけではなく、頭皮環境を整えることを目的としたタイプもあります。抜け毛のリスクを未然に回避するために、保湿成分や血行促進成分を含む育毛剤でのケアをすぐに取り入れましょう。

 

2)髪が生えにくくなるリスク

 

薄毛に気づいたときに育毛剤を使い始める人が多いようですが、自分で気づかないうちに薄毛が進行している場合もあります。

 

髪にはヘアサイクルがあり、抜け毛が増えるのは成長期よりも退行期や休止期が長くなることが原因です。抜け毛が増え始めたときに気のせいだろうと放っておくと、気づいたら毛根が死んでしまい髪が生えて来ないという事態に陥っていたということもあります。

 

薄毛ケアは早めに行うことが鉄則です。早ければ早い程、髪を取り戻すチャンスは広がるので、自分の状態に合った育毛剤でのケアを始めましょう。

3)薄毛が薄毛を呼ぶリスク

薄毛はストレスが引き金になる場合があることを、大抵の人は耳にしたことがあるのではないでしょうか?ストレスを感じると自律神経が乱れて男性ホルモンの分泌を促し、抜け毛につながります。

 

また、不眠も招き、髪の成長を妨げることにもなり、ストレスは薄毛の大敵と言えます。とは言いながら、薄毛対策をしてもなかなか効果が上がらずに薄毛自体がストレスになり、さらなる薄毛を招く悪循環を起こすこともあります。

 

育毛剤でのケアを早めに行うことで薄毛対策の面で安心でき余計な抜け毛を増やさずに済むので、早めに始めましょう。

 

薄毛になると見た目の印象で損するだけでなく、金銭的負担も大きくなる可能性があります。

 

また、いくら高い育毛剤を使っても効果が出なかったり、副作用に悩まされる恐れもあります。

 

薄毛の不安が過った時が始め時、今すぐ育毛剤を使い始めましょう。