イクオス 成分

イクオスの成分を徹底解剖!

育毛剤の中では後発ながら、高い育毛効果で話題の「イクオス」。

 

イクオスの成分は現在認められている有効成分をバランスよく配合し、そして低価格な育毛剤です。成分数は38種類にも関わらず、効果の発現スピードが他の育毛剤よりも早いことから人気が高く、効果が実感しやすいのが人気の要因です。

 

しっかり成分まで確認しないと自分に合ってる育毛剤かわからないため泣きをみることになります。ここではイクオスの気になる成分をご紹介します。

育毛剤の定番成分と製法

育毛剤の配合成分として「ミノキシジル」に匹敵すると言われている、褐藻から抽出した「M-034」はイクオスの主成分でもあります。イクオスは原料の産地にもこだわり、北海道日高沖の自生コンブを採取して低温短時間による抽出方法を採用しています。

・M-034
・グリチルリチン酸2K
・センブリエキス

これらは現在の育毛剤の世界では「定番」と言われるものであり、イクオスの配合量の多さはトップクラスです。抜け毛の直接原因である「5α-リダクターゼ」の働きを不活性化させる「オウゴンエキス」も配合され、複数の抜け毛の原因に対応しています。

 

頭皮環境に良い天然成分

頭皮を健全な状態に保つことは育毛の基本です。界面活性剤やシリコンで傷んだ頭皮を天然エキスでケアし育毛を補助します。

・サクラ抽出液
・ローマカミツレ
・アルニカ
・オドリコソウ
・ローズマリー
・ゴボウ
・セイヨウキズタ
・オランダカラシ
・ニンニク
・マツ

 

アミノ酸が豊富に含まれている

脱毛原因である血流の悪化や性ホルモン異常に対応する成分を配合するとともに、頭髪の成長そのものを促進させるのに必要なアミノ酸群を多く配合しているところが特徴的です。

 

 

・ベタイン
・ブロリン
・グリシン
・アラニン
・PCA-NA4
・セリン
・グルタミン酸
・トレオニン
・アルギニン
・リジン

必須アミノ酸以外にも頭髪の成長に不可欠なアミノ酸が配合され、食生活の悪化によって不十分な栄養摂取になりつつある現代人にとっては効果的な成分です。

 

凝縮浸透する低分子ナノ水

イクオスの育毛効果の高さと早さを実現させた要素に「浸透力の高さ」があります。媒体を「低分子ナノ水」にすることで、すべての成分が素早く毛根細胞に行きわたり効果を発します。頭皮に悪影響を与えるアルコールと使わないことで、成分の浸透が不完全な育毛剤の欠点を補うための工夫がなされているのです。

 

原料の選択や配合量など、さまざまな細かい工夫がなされるイクオスは、製造工程の安全性にも信頼がおける育毛剤です。無香料・無着色・合成保存料の不使用など、最近の育毛剤の常識もしっかりと取り入れ、相場よりも比較的低い価格で販売されているところも支持されている理由です。

 

その他の育毛成分

・ボタン
・びわ葉
・シナノキ
・ニンジン
・クロレラ
・ヒオウギ抽出液

 

いかがでしたか?天然成分を使った副作用のない育毛剤です。かゆみや発疹、精力減退など起こらないので、体に気を使う人にはいいかもしれませんね。