植毛 費用

高すぎる!植毛にかかる費用を徹底調査!

 

薄毛治療の一つである「植毛」は植毛専門クリニックで行われています。

 

外科手術として実際に毛を植え込むわけですから、効果は確実なのですが、一本一本頭皮に植え付けるために高額になるというデメリットもあります。

 

植毛には2種類ある

単に植毛と言っても2種類の方法があります。一つはポリエステルなどの人工毛を使う「人工植毛」と、まだ残っている自分の毛根部を薄毛になった部分に移植する「自毛植毛」です。

 

軽度のM字ハゲに使われる目安の1000本では以下のような金額になります。

 

  • 人工植毛・・・25万円〜30万円
  • 自毛植毛・・・65万円程度

こう見ると人工植毛の方がかなり安く感じられますが、これだけでは比較できません。なぜなら人工植毛には「メンテナンス」が必要だからです。

 

頭皮に植え付けられる人工毛は「異物」であり、1年もすれば全て拒絶反応によって抜け落ちてしまいます。一般的には半年ごとにメンテンナスをして植え直しをするために、髪型のデザインを維持するためには一生メンテナンスの必要があるのです。

 

人工植毛は頭皮環境には悪く、炎症を起こしたり膿んだりすることもあり、その処置費用もかかります。そして健康に生えていた頭髪も頭皮環境の悪化が原因で抜け落ちることがありますので、処置する範囲が年々広がっていきます。

 

自毛植毛の症状別費用目安

現在の相場は以下のようになります。

 

・M字型・・軽度(額の部分の剃りこみが少し目立つ程度)

 

  • 植毛本数:1000本くらい
  • 費用:約65万円

 

M字型・・中程度(軽度よりも少し進行した状態)

 

  • 植毛本数:3000本〜4000本くらい
  • 費用:約130万円〜160万円

 

M字型・・重度(M字型が進行して後頭部にまで至る状態)

 

  • 植毛本数:4000本〜5000本くらい
  • 費用:約160万円〜190万円

 

O型・・(頭頂部から後頭部に達している状態)

 

  • 植毛本数:5000本〜7000本くらい
  • 費用:約200万円〜230万円

患者それぞれで薄毛やハゲの症状が違いますので、もちろん費用にも差が生まれます。たいていのクリニックでは「一本いくら」の計算になり、植えつけた本数によって治療費が決定されます。

 

現在は自毛植毛が主流

デメリットの多い人口植毛は、アメリカでは人体に対して有害であるとの理由で禁止されている方法です。現在では自分の頭髪を移植する自毛植毛が日本でも主流になっています。

 

自毛植毛のメリットは一度「グラフト(株)」と言われる毛根組織を移植することで、成長して定着することです。デメリットは植毛してから数ヶ月から1年経たないと毛が生えてこないことが挙げられます。

 

まとめ

 

外科手術的なアプローチで行う植毛は即効性と確実性はありますが、非常に高額な治療法です。

 

また、薄毛の原因には触れずに髪だけを植え付けるために、薄毛が進行すればイタチごっことなってしまう可能性が高い方法だと言えるでしょう。